ガツン、と濃いみかん

こんにちは!アイスマン福留です!

今回は、赤城の名作「ガツン、とみかん」の濃厚版をご紹介します!

赤城乳業『ガツン、と濃いみかん』

赤城乳業の人気商品「ガツン、とみかん」。”ガツン、とシリーズ”では今まで様々なフレーバーを展開してきましたが、その中でも「みかん」は不動の人気を誇る代表格のフレーバーです。その「みかん」フレーバーをさらに濃厚に仕上げたものが、今回の「ガツン、と濃いみかん」です。

ガツン、と濃い

「ガツン、と濃い」シリーズは、冬場にも食べやすいフルーツアイスとして2011年に登場し、寒い時期に乾燥した喉を潤す高果汁が人気を集めています。通常の「ガツン、とみかん」が、みかん果肉・果汁40%なのに対して、「ガツン、と濃いみかん」は、みかん果肉・果汁70%、とかなり濃厚です!「ガツン、とみかん」というと、夏の印象が強いですが、冬には「コタツでみかん」という風情もあり、この季節にもぴったりの味わいとも言えます。

ガツン、とシリーズ

赤城乳業の「ガツン、とシリーズ」は、赤城の人気アイスシリーズです。このシリーズの前身、「みかんちょ」は1977年に発売されました。そして1998年からは「ガツン、とシリーズ」として展開され、赤城乳業のロングセラー商品として多くの人々に親しまれています。自社の代表商品である「ガリガリ君」と比較して「人気がない…」と自虐的、かつユーモラスに宣伝していますが、実際には多くのファンに支持されている人気アイスです。

パッケージ

通常の「ガツン、とみかん」のパッケージは、青空の背景に舞うみかんが特徴的です。しかし、今回の「ガツン、と濃いみかん」のパッケージは、全体が光沢のあるオレンジ色で、鮮やかなみかんのカラーを表現したデザインになっています。

赤城乳業 ガツン、と濃いみかん

内容量は90mlと、やや小ぶりなサイズです。10年前の「ガツン、とみかん」は110mlのサイズでしたが、原材料や包材の高騰、エネルギーコストの増加、そして「ちょい食べ」の需要の高まりなど、さまざまな要因が絡み合い、現在のサイズに至っています。

赤城乳業 ガツン、と濃いみかん

同シリーズは、2016年のリニューアルで一度 スタイリッシュな矢じり型形状 になりましたが、2019年から長方形に戻っています。

赤城乳業 ガツン、と濃いみかん

たっぷりのみかん果汁を使ったジューシーなみかんアイスキャンディーは、シャキシャキの食感!そして、ごろっと入った存在感のあるみかん果肉が、商品名の通り“ガツン”と感じられるのが、このシリーズ最大の魅力。

使用されているみかんはシロップづけされています。実は「ガツン、とシリーズ」は、「みかんの缶詰を凍らせるとおいしい」という声から生まれた商品なのです。

コンセプトの通り、まるで「みかんの缶詰」をそのまま凍らせたような味わいです。

ちなみに、このシリーズではシロップ漬けができないフルーツはシリーズに加えないというポリシーがあるそうです。何度食べても飽きない味。長年愛され、ファンが多いのも納得です!

赤城乳業 ガツン、と濃いみかん

通常の「ガツン、とみかん」には、みかん1個分の約半分の果肉が詰まっています。年間で見ると、約1,000万個以上のみかんが使用されているとのことです。

赤城乳業 ガツン、と濃いみかん

みかん果肉をガツン、と詰め込み、果汁量も増やした、ジューシーで爽快な濃いみかんアイスキャンディー。「ガツン、と濃いみかん」。おいしいアイスは、季節関係なくオールシーズンおいしい!ガツみかファンはお見逃しなく!

アイスマン福留でした!Have a ICE day !!

商品名
ガツン、と濃いみかん
メーカー
赤城乳業
購入店
セブンイレブン
価格
180円(税込194円)
種別
氷菓
内容量
90ml
成分
写真参照
エネルギー
96kcal
発売日
2023年10月23日
ひとことコメント
みかん果肉がごろっごろ!やっぱりおいしいガツン、とみかん。
  1. せぶセブンプレミアム ぷるぷる食感のカフェオレゼリーパフェ

    ぷるぷる食感のカフェオレゼリーパフェ

  2. 森永製菓 コメダ珈琲店監修 コーヒーアイスバー

    コメダ珈琲店監修 コーヒーアイスバー

  3. ロッテ 幻!?の白いスイカバー

    幻!?の白いスイカバー

  4. ミニストップ チョコミント&クッキーモナカ

    チョコミント&クッキーモナカ

  5. ロッテ スマイルバナナシェイク

    スマイルバナナシェイク

最新発売情報

アーカイブ