ガツン、とみかん

アイスマン アイコンこんにちは!アイスマン福留です!

今回は、赤城の名作アイスをご紹介!通称ガツみか。今の季節はとくにおいしく感じますよね!

赤城乳業『ガツン、とみかん』

おなじみ「ガツン、とみかん」。ガツン、とシリーズのフレーバーは数多く展開されていますが、“元祖ガツン”は、みかん。昨年(2019年)から果肉量を1.3倍に増量しさらにおいしくなりました。

ガツン、とシリーズ

赤城乳業の”ガツン、とシリーズ”。シリーズの前身となる「みかんちょ」は1977年に発売され、1998年から現在の”ガツン、とシリーズ”として展開されている赤城乳業のロングセラー商品です。自社のガリガリ君と比べて“人気がない…”と自虐的に打ち出してはいますが、ファンの多い人気アイスシリーズです。パッケージは青空に舞うみかん。同シリーズ定番のデザイン。

赤城乳業 ガツン、とみかん

内容量は90ml、こうして見るとずいぶん小ぶりになりました。(10年前の「ガツン、とみかん」は110mlサイズでした)その分、果汁・果肉分は10%アップしています。

赤城乳業 ガツン、とみかん

同シリーズは2016年のリニューアルで一度スタイリッシュな矢じり型形状になりましたが、2019年から長方形に戻りました。

赤城乳業 ガツン、とみかん

ベースは、みかん果汁をたっぷり使用したジューシーなみかんアイスキャンディー。シャキシャキの食感。そこにごろっと大粒のみかん果肉が “ガツン” と入ってます。この果肉感こそが本シリーズ最大の魅力。

みかんはシロップづけ。もともとガツン、とシリーズは「みかんの缶詰を凍らせるとおいしい」というクチコミから誕生した商品。まさにみかんの缶詰をそのまま凍らせたようなおいしさ。ちなみに同シリーズではシロップ漬けができないフルーツはシリーズに加えないというポリシーがあるそうです。

何度食べても飽きない味。長年愛されているのも納得のおいしさ!

赤城乳業 ガツン、とみかん

果肉がみかん1個の約半分が入っています。年間にすると約1千万個以上のみかんが使われているそうです。

赤城乳業 ガツン、とみかん

何度食べてもおいしいガツみか。甘酸っぱくてジューシーなアイスキャンディー。久しぶりに1本、どうですか?

アイスマン福留でした!Have a ICE day !!

商品名
ガツン、とみかん
メーカー
赤城乳業
購入店
ファミリーマート
価格
140円(税込151円)
種別
氷菓
内容量
90ml
成分
写真参照
エネルギー
72kcal
発売日
2020年6月30日
ひとことコメント
フルーツ果肉入りアイスキャンディーの草分けといえる商品!
  1. ロッテ スマイルバナナシェイク

    スマイルバナナシェイク

  2. 赤城乳業 ガツン、とフルーツオレ

    ガツン、とフルーツオレ

  3. 森永製菓 消えたしましまうまうまバー ほわいとちょこ味

    消えたしましまうまうまバー ほわいとちょこ味

  4. 赤城乳業 ロイヤルミルクティーアイスバー

    ロイヤルミルクティーアイスバー

  5. 明治 厳選カカオのチョコレートアイス

    明治 厳選カカオのチョコレートアイス

最新発売情報

アーカイブ