さつまいもシューアイス

コンビニアイス評論家 アイスマン福留です。

今回ご紹介するアイスは、アンデイコ さつまいもシューアイス。

おそらく、デイリーヤマザキの限定商品。

アンデイコは愛知県の栄屋乳業のブランド。シューアイスにおいて草分け的存在のメーカー。

現在でもシューアイスの約8割のシェアを占めています。

その、アンデイコのシューアイスシリーズ。この時期にぴったりのさつまいも味です。

今の時期は、栗、かぼちゃ、おいも系のフレーバーも多いですね。

パッケージはシンプル。さつまいもの皮の紫色と中身の黄色のグラデーション。まさに”おいもカラー”!

シュークリームの語源は、フランス語で「シュー・ア・ラ・クレーム」そこから「ア」と「ラ」が省略され、「クレーム」が英語読みで「シュークリーム」となりました。

そして、そのシュー<chou>自体の意味はキャベツ。つまりシュークリームは、クリーム入りのキャベツという意味です。

そんなキャベツのようにこんもりとしたシューパフ。何とも言えないラブリーなフォルム!

内容量は、85ml。

シューの皮はしんなりとしています。

さつまいも味のアイスには、さつまい芋(鳴門金時100%)ペーストを使用。

アイスクリーム自体にコクもあり、さつまいもの風味も抜群!

アイスのミルク感とさつまいもの風味をバランスよく味わえるシューアイス。

少し時間を置いて半溶け状態にすると、より一層おいしく感じます。

内容量は85ml、カロリーは、158kcal。

種別はアイスミルク規格。

アンデイコ(栄屋乳業)について

アンデイコは、愛知県の栄屋乳業のブランド。アイスマニアの中ではジュンヒットチョコの知名度が高い。

昭和21年からアイスクリームの製造販売をしている愛知県のアイスメーカー。

アンデイコブランド、栄屋乳業の創業者の野田郷司氏は、アイスキャンディーの魅力に取りつかれ、アイス業界において大きな発明をした偉大な方。

その発明とは…、

1.アイスクリーム保冷機
(昭和初期、アイスの溶けを防ぐために、ブリキ缶に塩水と小麦粉を混ぜた保冷機を発明)

2.ソフトクリームの大量生産方式
(店頭で作る方法とは違い、逆さに充てんすることで大量生産が可能になった。)

3.あずき氷
(小豆の粒をつぶさずに氷の中に入れる方法 )。

これらの三大発明は、今のアイスクリーム業界の礎を築いたと言っても過言ではないものでしょう。

秋冬にぴったりの味わい。

暑~い時期には味わえないシーズンものだからこそ、今食べておきたい。

これから濃厚なアイスクリームや冬春もののフレーバーが味わえるアイス好きにとってはワクワクする時期です。

部屋をしっかりとあたためて、おいしいアイスライフを楽しみましょう。

アンデイコのシューアイス。見つけたら是非!

品名 さつまいもシューアイス アンデイコ 栄屋乳業
購入店 デイリーヤマザキ
価格 126円(税込)
種類別 アイスミルク
内容量 85ml
成分 写真参照
エネルギー 158kcal
好みランク(5) ★★★★☆ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント おいもの季節です!

アイスは人を元気にする。シアワセにする。

独断と偏見で好き勝手書いているアイスレビューを、最後まで読んでいただきありがとうございます!
多くのアイス好きの人に楽しんでいただけるもの、見ていてシアワセになれるようなコンテンツづくりを心がけています。
もし、少しでも「参考になった!」と感じましたら下記バナーをクリックしていただければ幸いです。
この、応援クリックが日々のコンテンツ更新の励みになりますのでよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

人気ブログランキングへ

  1. 赤城乳業 ガリガリ君 梅

    ガリガリ君 梅

  2. セブンプレミアム トゥンカロンアイス 黒蜜きなこ

    トゥンカロンアイス 黒蜜きなこ

  3. ウチカフェ 100%果汁フルーツバー グレープ

    ウチカフェ 100%果汁フルーツバー グレープ

  4. 井村屋 はちみつレモンアイスバー

    はちみつレモンアイスバー

  5. フタバ食品 コーラ&バニラバー

    コーラ&バニラバー

最新発売情報

アーカイブ