素直なミルクバー

[ad]

コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。

今回ご紹介するアイスは、江崎グリコ 素直なミルクバー。

パッケージは白と青。文字で書かれたタイトルとアイスの説明。シンプルで”素直なデザイン”です。

白と青のカラーの組み合わせって、青空や海、雲などをイメージするので、本能的に”爽やかさ”を感じてしまうんでしょうね。

真っ白で、見た目も超シンプルなアイスバー。

同社が1984年(昭和59年)に発売し、大ヒットとなったアイスバー「キャデリーヌ」のようにスマートな形状。

内容量は、94ml。アイスバーとしは平均的なサイズです。

ひとくち食べると、濃厚なミルクのおいしさに目が丸くなります。

サクサクとした食感の後に広がるミルクのコクと風味・・・。

「うまいー!!」って、思わず叫んでしまうほど濃厚なミルクの風味です。(大げさでなく)

また、シンプルな原料でつくられた「素朴なミルク味」は昭和のアイスキャンディー懐かしさも思い出させてくれます。もちろん、昔懐かしいアイスキャンディーに比べると濃厚さが違いますが、「シンプル、素朴さ」といった「良い部分」を生かし”現代版”として、ハイクオリティーに仕上げた感じの商品ですね。濃厚なミルクのコク、おいしさの秘密は、北海道産の濃縮乳と、生クリーム。絶妙な配合、バランスによって後味もスッキリとしています。

これを食べてみると、アイスクリーム類の種別(アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス)など、僕ら一般の人は「そこ」で食べたいアイスを決める事はもったいないように思います。

やはり、アイスを作り続けてきたメーカーの「おいしさ」や「配合」といった提案をきちんと受け取り、僕らはアイスを楽しみ、味わうべき。そう感じました。

種別はアイスミルク規格。原材料、とってもシンプルです。

製造は、佐賀県のヤマキ製菓株式会社。

同社の生チョコ工房をはじめ、ユニークで独自性の高いアイスの製造も手掛けています。

1本あたりのカロリーは158キロカロリー。

とにかくおいしい。

濃厚なミルクアイスを食べたい人、懐かしのアイスキャンディーを食べたい人には超おすすめ。

ミルクの濃厚なコク、深い味わいが楽しめるアイスバー。

”懐かしのアイスキャンディーの進化版”といった印象を受けました。

「だまされたと思って一度食べてみて!」というぐらい・・・おすすめです!☆

品名 素直なミルクバー グリコ
購入店 セブンイレブン
価格 126円(税込)
種類別 アイスミルク
内容量 94ml
成分 写真参照
エネルギー 158kcal
発売日 2013年3月11日
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント 感動レベルのおいしさ!☆
  1. 森永乳業 ピノ クリーミーチョコミント

    ピノ クリーミーチョコミント

  2. ロッテ 爽 黄桃&白桃ヨーグルト味

    爽 黄桃&白桃ヨーグルト味

  3. セブンプレミアム 銀座千疋屋 まるでクラウンメロン

    銀座千疋屋 まるでクラウンメロン

  4. https://www.dropbox.com/scl/fo/0whpdnfurnu86j6sasam6/AEjyfV57ga4ql9RjuGR34_4?rlkey=oaux8y52ncb1pruhkbltaj03c&dl=0

    チョコレートバー カリッとマカダミア

  5. 不二家ミルキーアイスモナカ(ワンピース)

    不二家ミルキーアイスモナカ(ワンピース)

最新発売情報

アーカイブ