センタン あいすくりん

コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。

今回ご紹介するのは、センタン あいすくりん。

「あ!これ懐かしい食べた食べた!」という方も多いでしょう。

以前、あいすくりんのカップタイプ オハヨー乳業の昔なつかしアイスクリン はご紹介しましたが、

今回ご紹介する商品は、奈良のアイスメーカー、チョコバリでも有名なセンタン(林一二)のコーンタイプ。

最近はこの形状(ドーム型)のアイスも少ないので見た目で懐かしさを感じます。

透明のカップもうまく外せました。昔はこのフタをとる時に、よく上のアイス部分も一緒にとれてしまい困ったものでした。

内容量は165ml。個人的にカップタイプよりもこちらのコーンタイプの方が好みです。

そう、あいすくりんの素朴な味わいって、コーンとの相性がいいんですよね…。

あいすくりんという名前は、日本ではじめて販売(明治2年)されたアイスクリームの名称。

現在は、高知県の名物のアイスとして根付き、最もポピュラーなアイスとなり、今もなお親しまれています。

昔は全国どこでも販売されていましたが、最近はあまり見かけなくなりました。

食べてみると…そう、これこれ。あいすくりん特有のシャーベットのようなサクサク食感。

甘さも控えめで、あっさりとした素朴な味。ミルクセーキのような風味と言えばわかりやすいでしょう。

卵黄をたっぷりと使い、ミルクと組み合わせたシンプルな味わいがくせになります。

さっぱりと食べられる昔ながらのなつかしい「あいすくりん」のファンは結構多いのではないでしょうか。

無着色。乳固形分は3%以下。(なので…)種別は氷菓になります。カロリーは125kcal。

濃厚なアイスクリームよりも、シンプルで素朴なさっぱり系のアイスが好き!という人におすすめ。

あっさりとした味わいは暑い日にぴったりです。

日本ではじめてのアイスクリームの呼称「あいすくりん」。

懐かしさも一緒に味わいましょう。

気になる方は是非一度食べてみてください。

品名 あいすくりん センタン
購入店 デイリーヤマザキ
価格 126円(税込)
種類別 氷菓
内容量 165ml
成分 写真参照
エネルギー 125kcal
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント  素朴な味わい。あいすくりん。
  1. 赤城乳業 ガツン、とフルーツオレ

    ガツン、とフルーツオレ

  2. 森永製菓 消えたしましまうまうまバー ほわいとちょこ味

    消えたしましまうまうまバー ほわいとちょこ味

  3. 赤城乳業 ロイヤルミルクティーアイスバー

    ロイヤルミルクティーアイスバー

  4. 明治 厳選カカオのチョコレートアイス

    明治 厳選カカオのチョコレートアイス

  5. セブンプレミアム まるで完熟バナナ

    まるで完熟バナナ

最新発売情報

アーカイブ