北海道あずきバー

こんばんは!アイスマン福留です。

今回は、北海道産原料にこだわった「あずきバー」をご紹介します!

井村屋『北海道あずきバー』

1973年発売した井村屋のロングセラー「あずきバー」はみなさんご存じかと思いますが、ほかにも「ミルク金時バー」「宇治金時バー」「オーガニックあずきバー」なども存在します。今回ご紹介するのは、昨今の国産志向の高まりを受けて、2021年に登場した「北海道あずきバー」。すべての材料を北海道産に限定したこだわりのあずきバーです。

あずきバーとは

井村屋のロングセラー商品である「あずきバー」は、「ぜんざいをそのまま凍らせたようなアイスがつくれないか?」という発想から、同社の祖業である和菓子の製造技術を活かして1973年に誕生。来年(2023年)には発売50周年を迎えます。全国の9割のスーパーマーケットにも並ぶと言われる大人気のあずきバーシリーズ。2013年には「あずきバー」の商標登録も認められました。2021年度には、なんとシリーズ年間販売本数3億本を突破!まさに国民的人気アイスです。

パッケージはおなじみのデザイン。見慣れ過ぎているため、「北海道あずきバー」ということに気づかない人が多そう!

井村屋 北海道あずきバー北海道あずきバー

袋からあずきバーを取り出します。見るからにあずきがたっぷり!シンプルですが、あずきバー1本に約100粒のあずきを均等に入れる井村屋の独自技術が詰まっています。

井村屋 北海道あずきバー北海道あずきバー

内容量は80ml。現在は通常のあずきバーが65mlになっているので、ちょい大きめのサイズ感です。

井村屋 北海道あずきバー北海道あずきバー

ひとくちかじると…固っ!!!(笑)このカチカチの食感もあずきバーの魅力。歯で削るようにして食べ進めます。あずきの風味をぎゅっと凝縮した濃厚な味わい。まさに、冷やしぜんざい!上から下まであずきが均等に入っているので、どこをかじってもあずきの粒に出会えます。固いあずきバーが口の中で、ゆっくりと溶けることで “あんこ” に変身する。クセになるおいしさ!

現在料は、3つのみ

通常の「あずきバー」の原材料は、「小豆」「砂糖」「塩」「水あめ」「コーンスターチ」ですが、「北海道あずきバー」の原材料は、砂糖(北海道製造)、小豆(北海道)、食塩(オホーツクの塩)と、シンプル・イズ・ベスト!安定剤や香料、着色料などを使用せず、シンプルな原料でできているほか、アレルゲンも含まれていないので、お子様のファーストアイスとしてもおすすめです。

井村屋 北海道あずきバー北海道あずきバー

美しさを感じるシンプルな原材料欄。とってもシンプルなアイスバーですが、とっても贅沢な味。価格は140円(税込)は破格過ぎます。(笑)

あずきバーの注意書き

あずきバーおなじみの注意書きは以下の通り。

※固く凍っているため、歯を痛めないようにご注意ください。冷凍庫から取り出した直後にお召しあがりの際は、アイスが唇や舌にくっつく事がありますのでご注意ください。

井村屋 北海道あずきバー北海道あずきバー

何度食べてもおいしい!あずきにこだわった井村屋自慢の逸品です。時折無性にあずきバーが食べたくなる病(やまい)にかかっている人も少なくないでしょう。(僕もその一人です)発症してしまった人は、直ちにお近くのコンビニエンスストアやスーパーマーケットに走ってください。

アイスマン福留でした!Have a ICE day !!

商品名
北海道あずきバー
メーカー
井村屋
購入店
セブンイレブン
価格
130円(税込140円)
種別
氷菓
内容量
80ml
成分
写真参照
エネルギー
147kcal
発売日
2021年7月(購入日)
ひとことコメント
記事を書いていると、やたら食べたくなります。行ってきまーす!
  1. 赤城乳業 トッピンぎゅ~!

    トッピンぎゅ~!

  2. 小島屋乳業製菓 マックスコーヒーモナカ

    マックスコーヒーモナカ

  3. 赤城乳業 大人なガリガリ君 まる搾り白桃

    大人なガリガリ君 まる搾り白桃

  4. 井村屋 宇治抹茶もち最中アイス

    宇治抹茶もち最中アイス

  5. 森永乳業 ピノ クリーミーチョコミント

    ピノ クリーミーチョコミント

最新発売情報

アーカイブ