パピコ バニラのフローズン

コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。

今回ご紹介するのは、今回ご紹介するアイスは、グリコ パピコ。

パピコは1974年(昭和49)に発売されました。

定番は、通年商品(年中楽しめる)の人気フレーバー「チョココーヒー味」。

あとはパピコと言えば「ホワイトサワー味」ですが、現在は夏限定(6月末~9月ぐらい)の味。

ちょうど今、発売されています。

そんなパピコの新しい味、「バニラのフローズン」。

パッケージは爽やかで涼しげなブルーグラデーション。

パピコの新フレーバー。食べない訳にはいきませんね!

おなじみのパピコの形状。並列ロケット型ポリ容器といいます。

子供を対象にした商品で、ふたりで分け合うようにコミュニケーションの意味が込められた容器なのです。

開封は、切り離しがとっても楽な、リング式イージーオープン容器。

切り離して、「クイッ」と持ち上げるだけでほとんど力を入れずに開封できます。

このリング式イージーオープン容器を採用することで大幅にパピコの売上が伸びたのだとか。

容器から押し出すと、シャリシャリのフローズンバニラがニュ!っと出てきます。

食べてみると、思わずニヤけてしまうおいしさ。

バニラの香りと、ミルクの深いコク。練乳のような甘み。

つい、「うんまぁぁあああ!!!」と叫んでしまいました。

これ、おいしいというか、個人的な好みです。やられました。

濃厚な風味と甘さと、シャリシャリの微細氷とのバランスが絶妙です。

パピコはフレーバーによって種別が異なりますが、今回のフレーバーはラクトアイス規格。

製造は、アイスや冷凍ゆで麺などを製造している静岡県のやまひろ 関東工場。

内容量は80ml×2本、160mlです。

カロリーは186kcal。(93×2本)

バニラのフローズン。感動のおいしさです。

パピコはハズレがありませんが、中でも自分好みの味でした。

パピコは、1998年に原料の脱脂粉乳を濃縮乳に変え、

粉末カカオもチョコレートにするなど大幅に品質が向上しました。

その後も、少しずつ進化し、現在の贅沢な味が実現しています。

現在発売中の夏ならではのホワイトサワーと共に、

バニラのフローズンも是非一度食べてみてください。

品名 パピコ バニラのフローズン グリコ
購入店 セブンイレブン
価格 126円(税込)
種類別 ラクトアイス
内容量 160ml(80×2)
成分 写真参照
エネルギー 186kcal(93kcal×2)
 発売日 2013年4月29日
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント おにうま!絶対食べて!
  1. 森永乳業 ピノ クリーミーチョコミント

    ピノ クリーミーチョコミント

  2. ロッテ 爽 黄桃&白桃ヨーグルト味

    爽 黄桃&白桃ヨーグルト味

  3. セブンプレミアム 銀座千疋屋 まるでクラウンメロン

    銀座千疋屋 まるでクラウンメロン

  4. https://www.dropbox.com/scl/fo/0whpdnfurnu86j6sasam6/AEjyfV57ga4ql9RjuGR34_4?rlkey=oaux8y52ncb1pruhkbltaj03c&dl=0

    チョコレートバー カリッとマカダミア

  5. 不二家ミルキーアイスモナカ(ワンピース)

    不二家ミルキーアイスモナカ(ワンピース)

最新発売情報

アーカイブ