2013/03/21

ジャイアントコーン 苺チョコ&クッキー

[ad]

コンビニアイス評論家。アイスマン福留です!

今回ご紹介するのは、江崎グリコ ジャイアントコーン 苺チョコ&クッキー。

今年はジャイアントコーン発売50周年。記念限定商品も出ていますが、そちらは後日紹介します!

ジャイアントコーンは、1963年(昭和38年)ジェットタイプ(包み紙がジェット機のような形状)のアイスとして登場。
発売当時の名前は「グリココーン」(20円)でした。パッケージも何度も変わり、時代と共に進化し続け今でも多くの人に愛されるロングセラー商品です。

そして、今回紹介するフレーバー「苺チョコ&クッキー」は、たまたまオフィスグリコでゲットしました!

「苺チョコ&クッキー」は、初回は2010年11月に発売され、毎年リニューアルして新商品として発売されています。

果汁分や配合などが微妙に変化しています。今回の最新(2012年)版は、3種のミックスベリーソースが特徴。

同じフレーバーでも年ごとに微妙にスペックに違いがあり、そういうのを見るのも楽しいですね。

ピンクのかわいいパッケージ。いちご好きには見逃せません。

パッケージの袋を開封し、まずはジャイアントコーンの一番最初の楽しみ「苺チョココーティング」。ここにかじりつきます。天面にはたくさんの苺クッキーが散りばめられてます。

この苺クッキー。丸美屋のふりかけ 「すきやき」に似てる・・・。わかります?

内容量は、140ml。ジャイアントコーン特有のサクサクコーン。これがおいしい!

横に見えるソースが、苺ソースから進化した「3種のミックスベリーソース」。

そう、フルーツソースと言えば同社の「パナップ」!

この、フルーツソースの甘酸っぱい味わいがパナップを思い出させてくれます。

マイルドな甘さの苺チョココーティング、その上に散りばめられた食感の良い苺クッキー。

その下には、ミルク感のあるストロベリーアイス。なめらかでくちどけもよく、やさしい苺の風味。

そこに、甘酸っぱい3種のミックスベリーソースがバランス良く混ざり合い、フルーティーな味わいが楽しめます。

果汁・果肉は13%、クッキーは3%使用されています。

コーン内側にもチョコレートのコーティングがしてあり、最後までおいしく食べられる。

この、「終わりよければすべてよしスタイル。」

これが、ジャイアントコーンの満足度の高さに繋がっているんですよね。

種別はアイスミルク規格。製造は、グリコグループのグリコ兵庫アイスクリーム株式会社。

グリコのグループ会社はたくさんあるのですが、ジャイアントコーンは、「グリコ兵庫」と「茨城グリコ」の2箇所で生産されています。1個あたりのカロリーは224キロカロリー。種別はアイスミルク規格です。

毎年、微妙に進化して新商品として登場するジャイアントコーン。

愛され続けるために変わり続けています。発売50周年ってすごいですよね!

苺好きの方、ジャイアントコーン好きの人。見つけたら是非食べてみてください。

僕もこれからもジャイアントコーンの未来にしっかりと寄り添い、食べ続けていきたいと思います。。。

品名 ジャイアントコーン 苺チョコ&クッキー 江崎グリコ
購入店 オフィスグリコ
価格 126円(税込)
種類別 アイスミルク
内容量 140ml
成分 写真参照
エネルギー 224kcal
発売日 2010年11月22日、2011年11月28日、2012年12月10日
好みランク(5) ★★★★☆ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント いちご尽くし!ミックスベリーソースのアクセントもいい。

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top