メロンパンアイス

こんばんは!アイスマン福留です。

ファミマ限定のメロンパンアイスがリニューアルをして新発売したのでご紹介!

オハヨー『メロンパンアイス』

ファミリーマート限定の大人気アイス。発売されるたびに買ってしまう個人的にお気に入りのアイスなんですが、今回もリニューアルをして再登場!今回はバターを、より全面に打ち出しています。(昨年は「ふんわりバター香る」でした)。バター感あふれるパッケージデザイン。完全に「メロン<バター」というイメージ!

オハヨー乳業 メロンパンアイス

袋から取り出します。クッキーシューでアイス全体を包んだビジュアルは完全にメロンパン!内容量は85ml。メロンパンといっても色んなサイズがありますが、多くの人がイメージするであろうサイズより小さめ(だと思う)。手のひらサイズです!

オハヨー乳業 メロンパンアイス

オハヨー「メロンパンアイス」とは

オハヨー「メロンパンアイス」は、オハヨーの人気アイス。見た目はメロンパンそっくりで、もちろん味わいもメロンパンの風味をしっかり再現。2009年から発売されており、一時見かけなくなりましたが2018年1月にリニューアルをして再登場!その際、あまりの人気になんと3週間で販売終了となってしまいました。ここ最近は毎年登場する人気アイスです。

オハヨー乳業 メロンパンアイス

バターの風味が際立つおいしさ

外側はメロンパンの皮風クッキーシュー。バターの風味が存分に楽しめます。アイス部はバターアイスクリーム。(こだわりのアイスクリーム規格)。以前はバター香るカスタード風味だったアイスクリームを、よりバター感をアップ!バニラシードも入って濃厚な味わい。アイスクリームとクッキーシューの相性は抜群!病みつきになるおいしさです。

価格は248円(税込)。昨年に比べて30円ほどアップ!最近は原料高騰などの理由により、アイスクリーム業界全体(世の中全体?)値上げが目立ちます。ただ、このおいしさなら安い!

オハヨー乳業 メロンパンアイス

メロンパンアイスといえば

メロンパンアイスというと、金沢市発祥の「世界で2番めにおいしい焼きたてメロンパンアイス」を連想する人も少なくないでしょう。同商品がはじめて発売されたのが2013年。それに対してオハヨー乳業のメロンパンアイスは2009年に発売されているので、こちら(オハヨー乳業)が先なんです。

株式会社グリシーヌが製造

販売はオハヨー乳業。製造は株式会社グリシーヌ高槻工場。あまり聞きなれない名前ですが、調べてみると以下の通りでした。ダスキンが2012年に蜂屋乳業を子会社化。アイスクリーム事業を展開したが事業の選択と集中による事業ポートフォリオの適正化を検討した結果 2021年10月 に株式会社バンリューに全株式を譲渡。今年2022年7月、株式会社バンリューがグループ再編のため蜂屋乳業は株式会社グリシーヌに合併し解散。つまり、会社名は変わりましたが製造している場所は以前と同じ(前蜂屋乳業 高槻工場)ということになります。

また、同商品は以前愛媛のサンタ株式会社でも製造されていました。

本物のメロンパンよりもヘルシー

一般的なメロンパン(菓子パン)のカロリー(400kcal前後:オハヨー乳業調べ)に比べて本品は約半分(1個あたり198kcal)。

オハヨー乳業 メロンパンアイス

メロンパンをイメージしたシューアイス。インパクトのあるビジュアルはもちろんですがクッキーシュー生地やアイスクリームも抜群のおいしさ!お近くのファミリーマートで探してみてください。

アイスマン福留でした!Have a ICE day !!

商品名
メロンパンアイス
メーカー
オハヨー乳業
購入店
ファミリーマート
価格
230円(税込248円)
種別
アイスクリーム
内容量
85ml
成分
写真参照
エネルギー
198kcal
発売日
2022年11月29日
ひとことコメント
何度食べてもおいしい!今回は、よりバター感をアップ♪
  1. 森永乳業 MOW PRIME(モウプライム) ヘーゼルナッツ&キャラメル

    MOW PRIME(モウプライム) ヘーゼルナッツ&キャラメル

  2. 竹下製菓 プチブラックモンブラン

    プチブラックモンブラン

  3. せぶセブンプレミアム ぷるぷる食感のカフェオレゼリーパフェ

    ぷるぷる食感のカフェオレゼリーパフェ

  4. 森永製菓 コメダ珈琲店監修 コーヒーアイスバー

    コメダ珈琲店監修 コーヒーアイスバー

  5. ロッテ 幻!?の白いスイカバー

    幻!?の白いスイカバー

最新発売情報

アーカイブ