2012/05/28

森永 バニラエイト

アイス評論家のアイスマン福留です!

今回ご紹介するアイスは、昔懐かしい 森永バニラエイト。(復刻版)

サークルK&サンクス限定での発売。(数量限定!)

復刻アイス、続いてます。Skyクロキュラージャムンチョ、そして今回のバニラエイト。

もう…、懐かしさのあまり、涙がちょちょ切れます。(表現も昭和テイストで)

昭和45年(1970年)に(この頃は、森永アイスクリーム8%という名前)発売した森永バニラエイトが、時代を越えて帰ってきました。

パッケージカラーは、赤、青、白のトリコロールカラー。斜体フォントがレトロ感をかもし出してます。

カップ側面の三角模様も健在。この三角模様が記憶に残っているという人も少なくないでしょう。

このデザインで販売されていたのがバニラエイトのほかにも「ルーキー」、と「デリカ」、「デラックス」という商品がありました。

バニラエイトと並んで4兄弟のような存在のラインナップ。

ルーキー(1972~1974年)は、ラクトアイス規格、価格は30円。

デリカ(1972~1996年)は、発売当初はアイスミルク規格、(途中でラクトアイス規格に変わりました)

価格は50円で、ルーキーよりも大きいサイズになります。

そしてバニラエイトはアイスクリーム規格。価格は100円。2000年頃まで販売されていました。
文章だとややこしいので、箇所書きにまとめるとこんな感じ。↓

■ルーキー(30円)、ラクトアイス(1972~1973年頃)※1年限りの販売

■デリカ(50円)、アイスミルク(1972~1996年頃)※途中でラクトアイス規格に変更

■バニラエイト(100円)、アイスクリーム(1970~2000年頃)※シリーズ中、最も人気があり販売期間も長かった。

■デラックス(1970~不明)

フタをはがすと…、ほんのり黄みがかったバニラエイト登場。

でもバニラエイトって、なんでエイト(8)なの?と疑問を持っている人も多いと思います。

こちら、バニラエイトの名前の由来は、「乳脂肪分」からなのです。

乳脂肪分8%だからエイト。そう、最上級のアイスクリーム規格の証がそのまま商品名になったんです。

バニラエイトの一番の特徴は、くちあたり。ホイップのように、なめらかでやさしい食感。

バニラの風味も抜群。懐かしさと美味しさで胸がいっぱいになる。

昭和の雰囲気漂う喫茶店で、銀色のお皿とスプーンで食べる「ザ・バニラアイス」という感じ。

シンプルな材料でつくられた自家製アイスに近い味。

当時の味をしっかりと再現されたバニラエイト。素朴な味ですが、格別のおいしさ。

現在では手に入らない原料などもあるので当時とまったく同じ…とまではいきませんがしっかりと再現されています。

製造は森永エンゼルデザート。

カロリーは1カップ(140ml)あたり、141kcal。

昭和を代表するアイスクリームと言ってもいいでしょう。

懐かしさも一緒に味わえるレトロアイス。アイス好きには見逃せません。

バニラエイトを食べたい人は今すぐサークルK&サンクスへGO!

数量限定の商品ですので、お早めに!

今食べておかないと後悔しますよー。

品名 森永製菓 森永バニラエイト
購入店 サンクス
価格 126円(税込)
種類別 アイスミルク
内容量 140ml
成分 写真参照
エネルギー 141kcal
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント  昭和を代表するアイスクリーム。復刻!

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top