クランキーアイスバー チョコ&クッキー

コンビニアイス評論家 アイスマン福留です。

今回ご紹介するアイスは、ロッテ クランキーアイスバー チョコ&クッキー!

ロッテクランキーチョコレートは、1974年から愛され続けるロングセラー商品です。今や「パフ入りチョコレート」の代名詞とも言えるブランドです。

パッケージは、麻袋模様に荒々しく勢いを感じる「チョコ&クッキー」という文字。この勢いで思わずレジに持っていってしまいそうなデザイン。

クランキーのパッケージに使われている麻袋の模様は、ゴールドラッシュに沸く西部開拓時代に欠かせなかった麻袋をモチーフに、素材が持つザックリとした力強いイメージを表現しています。

そのクランキーブランドのアイスバーが「クランキーアイスバー」が誕生したのが1997年。

発売当時の名前は「クランキーアーモンドバー」。モルトパフではなくアーモンドでした。

時代とともに進化を続け、今まで色々なフレーバーが登場しました。そんな「クランキーアイスバー」の新フレーバー。チョコ&クッキー!をご紹介します。

袋から取り出して・・・、クランキーアイスバーが登場。

チョコレートコーティングにたくさんのモルトパフが散りばめられています。

この鎧のようなチョコレートコーティングと、食べる前からサクサク感がわかってしまうビジュアル。

チョコレート好き、クランキーファンにはたまりません!

内容量は110ml。アイスバーとしては標準的なサイズです。

他社の商品を比較例としてあげると、赤城乳業のガリガリ君が113ml、井村屋のあずきバーが95ml。

食べてみると・・・・お!なんか大人な感じ。

外側はお馴染みクランキーテイスト。食べごたえのある分厚くて甘いチョココーティングとサクサクのモルトパフ。

そして、”大人感”を感じるのは内側のチョコレートアイス。チョコレートの甘さは控えめで濃厚で深みのある味わいです。チョコの味だけでなくコーヒーも使われているので、”奥行きのある風味”が楽しめます。

これだけで十分美味しいのに、アイスの中に散りばめられたココアクッキーがさらに満足感を高めてくれます。

「今日はチョコレートアイスが食べたい!」そんな時におすすめしたいアイスバー。

種別はアイスミルク規格。製造、販売ともに株式会社ロッテアイス。

1本あたりのカロリーは282キロカロリー。炭水化物は24グラム。

ほんのりビター。大人のチョコレート風味のアイスバー。クランキー好きの人にとっては見逃せません。

チョコレートもアイスも食べたいという欲張りな人に最適な商品。コンセプトにもしっかり沿っていて、力強さを感じます。

食べる前からおいしいのがバレバレですが、チョコレートアイスのほろ苦さと深みのある味は、良い意味で味の予想を裏切ってくれます。ご興味があれば、是非一度食べてみてください。

品名 ロッテ クランキーアイスバー チョコ&クッキー
購入店 セブンイレブン
価格 126円(税込)
種類別 アイスミルク
内容量 110ml
成分 写真参照
エネルギー 282kcal
発売日 2013年2月25日
好みランク(5) ★★★★☆ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント 深みのある大人の味が楽しめるフレーバーですね。
  1. 不二家ミルキーアイスモナカ(ワンピース)

    不二家ミルキーアイスモナカ(ワンピース)

  2. 森永製菓 ザ・クレープ<チョコ&バニラ>幸せホイップ2倍

    ザ・クレープ<チョコ&バニラ>幸せホイップ2倍

  3. フタバ食品 サクレ W(ダブル)メロン

    サクレ W(ダブル)メロン

  4. 赤城乳業 あげてないけどあげぱんみたいなアイスバー

    あげてないけどあげぱんみたいなアイスバー

  5. 森永製菓 パリパリサンド

    パリパリサンド

最新発売情報

アーカイブ