2012/02/19

雪見だいふく ストロベリーショコラ

コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。

今回ご紹介するアイスは、冬アイスの王者!「雪見だいふく」。

現在、通常版では合格祈願バージョンで雪見だいふくの「ふく」の部分が大きい「大福仕様」となっています。

そんな、雪見だいふくの期間(冬春)限定フレーバー。ストロベリーショコラをご紹介します。

ゴールドパッケージに、ダイスチョコと苺のイメージが目をひきます。

twitterの「アイスマンうんちく」でも配信をしていますが、11月18日は雪見だいふくの日です。

下の写真を、縦にすると、ほら!18っていう数字に見えますよね。(11は単なる語呂合わせです)

チョコレートカラーのお餅…と思いきや、これ普通の雪見だいふく同様「白いお餅」なんです。

中のチョコレートが透けて、全体が茶色く見えています。通常の雪見だいふくは中がバニラアイスで白いので気になりませんが、アイスに色がついていると目立つもんですね!

あ。よく見たらパッケージラベル(紙)の裏面に注意書きがありました。

「製品中のチョコアイスが透けて見える場合がありますが、美味しくお召し上がりいただけます。」

・・・と。むぅ…逆に透けていない場合もあるのかが気になりますが、そこはこだわるところじゃありませんね。

ぬおぉぉぉー。溶かし過ぎたー!(笑)

シャリシャリのままだと本来のアイスのなめらかさが味わえない為、ちょい溶かすのですが見た目だけはこうなってしまうのが玉にキズ。あと、食べにくくなります。でも、やっぱり美味しくいただくにはリスクも伴うというもんです。

アイスクリームの美味しい食べた方として、アイスマニアの間では電子レンジで少しチンするっていうのも裏技もありますが、この製品(雪見だいふく)に関しては絶対にやってはいけない禁じ手とします。(笑)

これは僕自身の感覚なのですが、幼い頃に食べた雪見だいふくの方がカチカチだった印象があります。

その辺はただの錯覚なのか、それともメーカーの技術進歩なのかは謎。。。

相変わらずやわっこくておいしい求肥(お餅)。お餅の伸び具合も、アイスのくずれ具合も絶好調!

餅に包まれたチョコレートアイスはラクトアイス規格ですが、ミルク感よりもチョコレートの濃厚さと味わいに重点を置いています。

つまり、濃厚なチョコレートと酸味の効いたストロベリーソースの絡みと味わいこそが、このアイスのポイントになるのでしょう。

センターに入った甘酸っぱいストロベリーソースの部分は果汁・果肉18%、アイス全体を「ちょい溶け状態」にすればセンターソースのトロリとした食感が味わえます。

逆に買ってすぐ、または冷凍庫から出してすぐに食べた場合は、固まった状態なので「別もの?」と感じるぐらい印象も変わります。

なめらか食感で濃厚なチョコレートアイス味と、甘酸っぱいストロベリーソースのハーモニーをお餅で優しく包んだ「ストロベリーショコラ」。

雪見だいふくファンでなくても支持する人は多いでしょう。

内容量は94ml(47×2個)。

エネルギーは1個あたり82kcal。ふたつだと、、、164kcalですね。ガッツリな感じではないですよね!

冬に、あたたかい場所で食べる雪見だいふく。贅沢ですよね!

アイス好きにとっては、夏の暑い時期はもちろんですが、冬季限定のフレーバーの方が好き!っていう人も結構多いですからね。

あと、ちょうど今の時期は逆バージョンの「雪見だいふく 生チョコレート」が出ているので、好み分かれるところでしょう。(※ちなみに僕は個人的に「生チョコレート派」かな?)

チョコのお餅にバニラアイスか、普通のおもちにチョコレートアイスか。

さて…、あなたはどちら派でしょうか!?

期間限定ですので、気になる方は是非一度食べてみてください!

雪見だいふく

雪見だいふくの販売開始は1981年。その前年の1980年に、博多の銘菓をヒントにマシュマロでアイスを包んだ「わたぼうし」が前身となり誕生しました。

冬季のアイス売上増という問題を打破するためにロッテでは1975年ごろからアイスクリーム新商品の開発をスタートしました。

あえて売れない「冬」を狙って、他社にない斬新なオリジナリティを追求するという難題にチャレンジしたそうです。
マシュマロで黄身あんを包んだ和菓子「鶴乃子」(つるのこ)というお菓子をヒントに生まれました。それが上記の「わたぼうし」。

でも、マシュマロ自体が日本人に合うか、もっと日本らしさを追求しようと開発されたのが、和菓子に使われるお餅。しかし、お餅は冷やすと硬くなってしまう。
研究に研究を重ねて生まれたのが雪見だいふく。パッケージは楕円型ですが、一時期はスクエア型の時もあったんです。

品名 雪見だいふく ストロベリーショコラ ロッテ
購入店 ファミリーマート
価格 158円(税込)
種類別 ラクトアイス
内容量 94ml(47ml×2個)
成分 写真参照
エネルギー 164kcal(1個あたり82kcal)
好みランク(5) ★★★★☆ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント  チョコと苺のハーモニー!

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top