寒い時期でもアイスはうまい。「冬アイス」の歴史

アイスマン福留どうも。アイスマン福留です。

最近、「冬アイス」という言葉が広く認知され、人気を集めています。では、「冬アイス」とは具体的に何を指すのでしょうか。これは、冬に特化して開発されたアイスクリームや、冬季に好まれるフレーバーのことです。冬にアイスクリームを楽しむという行為は、暑さを避ける必要がないにも関わらず、その魅力に引き寄せられる状況を示しています。さらに、高カロリーや濃厚&上質な味わいを求める人々にとって、バラエティ豊かなプレミアムアイスクリームが市場に出る冬は、まさに「旬」であると言えるでしょう。

夏のアイスと冬のアイスの違い

夏の暑い時期は、アイスに対して“涼”を求めることが多いため、氷系やシャーベット、フルーツフレーバーが主流になります。一方、冬になると、乳脂肪分が高く濃厚なアイスクリームや、生チョコレート、アルコールを使ったラムレーズンなど、温かい部屋でじっくりと味わいたいフレーバーが登場します。特にハーゲンダッツは、12月に最も売れると言われています。クリスマスや年末に、一年間がんばった自分へのご褒美として購入するケースが多いのでしょう。ハーゲンダッツはアイスクリームに特化したブランドとして、秋冬時期にも開発に力を入れています。また、秋冬の時期は素材によりこだわった、大人向けの上質な味わいが好まれる傾向があります。

ハーゲンダッツ スペシャリテ 抹茶のオペラ

冬アイスのはじまり

冬アイスの歴史を振り返ると、1950年代後半から60年代にかけて大手乳業メーカーによってアイスクリームケーキ(デコレーションアイス)が登場しました。これがクリスマスにアイスを食べる習慣、あるいはそういった文化を形成したと考えられます。僕はこれを「冬アイスのはじまり」だと考えています。「冬アイス」という言葉が広く知られるようになったのは最近のことですが、実は半世紀以上も前から冬にアイスを楽しむ習慣は存在していたのです。

昭和のアイスクリームケーキ

アイスクリームの芸術品

1971年に登場した「レディーボーデン」は、「アイスクリームの芸術品」として市場を席巻しました。「年に一度のクリスマス・パーティーにおいしいアイスクリームを食べたい」という潜在需要を掘り起こし、クリスマスケーキの代替品としても注目されました。この頃の「レディーボーデン」は、夏場よりも冬の時期に売れるという状況がしばらく続きました。

レディーボーデンのCMで流れていたメロディが印象に残っている人も少なくないでしょう。「ルパン三世 愛のテーマ」を手掛けた大野雄二氏とソニア・ローザ氏のタッグによるボサノバ調の「レディーボーデン」の曲は、気品溢れるレディーボーデンのイメージにぴったりで、多くの人を魅了しました。今でも多くの人の心に深く刻まれていることでしょう。また、レディーボーデンのヒットには、アイスクリームの魅力はもちろんのこと時代背景も大きく関係しています。それは、冷蔵庫の普及です。特に冷凍機能付きの2ドア式電気冷蔵庫が普及したことにより、ストックスペースが生まれ「レディーボーデン」や「リーベンデール」のような大容量(パイントサイズ)のプレミアムアイスクリームが人気を博しました。このようなアイスクリームが提供するちょっとした特別感や贅沢さが、クリスマスケーキの代替品として注目され、冬アイスの普及に貢献したと考えられます。

レディーボーデン

ピノも冬向けに開発された商品

ひとくちアイスとして有名な「ピノ」。こちらも実は“冬場のアイスクリーム”として誕生した商品。森永乳業と冨士乳業が、アイスクリーム市場が、夏と冬とで売れ行きに大きな開きがあるのに対応するため、口あたりの良さを最大の特徴をもつ製品を“冬場のアイスクリーム”として市場に投入しました。

ホームタイプアイスクリームが冬のアイスケーキ需要の代替品になる

以下の資料は、1983年のデータになります。12月にホームタイプのアイスクリームの売り上げがグンと伸びていることがわかります。「レディーボーデン」のヒットに続き「フレーバーランド」、「バリアンティ」、「ジョアンナ」、「リーベンデール」、「アンリ・ヴュータン」といったホームタイプアイスクリームが 70年代~80年代にかけて続々と登場し、“冬のご褒美” として食べられる習慣が徐々に定着していきました。

冬アイス

1983.8-MCON report no.153(マーケティング懇談会)より

包丁で切り分けて食べる次世代型アイスクリームケーキ

冬アイスを語る上で欠かせないのが、1980年代に登場した次世代型のアイスクリームケーキです。当時世界最大のアイスクリームメーカーであったユニリーバ社と森永乳業が技術提携して販売した「エスキモー」ブランドの「ビエネッタ」は、高級感あふれる箱に入っており、直方体の形状に豪華なデコレーションが施された、ケーキのようなアイスクリームです。何層にも重なるアイスとチョコレートの層は、まるでミルフィーユのよう。やわらかなアイス層とパリパリとしたチョコレート層が、贅沢な味わいを生み出しています。ケーキのように包丁で切り分けて皿に盛り付け、家族で共に味わう特別な体験は、多くの人にとって美しい思い出として心に残っていることでしょう。

ビエネッタ

冬アイスを世に知らしめた商品

1980年代に登場し、冬アイスの象徴となったのが「雪見だいふく」です。この商品は「冬アイス」をメジャーにするきっかけとなりました。テレビCMで雪の降る寒い季節にコタツで雪見だいふくを食べるシーンを放映し、「コタツでアイス」というイメージを広め、冬アイスブームを牽引しました。2018年からは通年販売を開始し、現在では季節ごとのフレーバーや企業とのコラボレーションも積極的に行っています。冬にアイスを楽しむ文化は広く受け入れられ、その勢いはまだ衰えていません。「コタツでみかん」に代わり、「コタツでアイス」という新たなキーワードが浸透していく可能性もあります。

ロッテ 雪見だいふく 厚もち仕立て

コンビニの登場

冬アイスの普及には、アイスの流通方法の変化が大きく影響しています。特に、コンビニエンスストアの登場とその浸透が重要な要素です。昔はアイスを買う場所といえば、駄菓子屋や町の個人商店などが主で、季節によって冷凍ケースに並ぶ商品が変わっていました。夏はアイス、冬は中華まんという具合です。しかし、1980年代から1990年代にかけてコンビニエンスストアが急速に増え、身近な存在となりました。これにより、季節を問わずアイスクリームを取り扱うようになり、季節性という概念が薄れていきました。現在では、アイスクリームも中華まんも一年中楽しめるようになっています。季節を問わずアイスクリームを取り扱うことで、冬でもアイスを楽しむ文化が根付きました。

コンビニエンスストア

インターネットとSNSで広がる

個人が情報を発信できる時代の到来により、「冬でもアイスクリームはおいしい」という共通の認識や共感が広がり、これが冬アイスの普及に一役買ったと言えるでしょう。寒い時期に温かい部屋でアイスクリームを味わうことは、おいしさと幸福感をもたらすちょっとした極上の体験として、多くの人に受け入れられています。

盛り上がる冬アイス市場

メディアの力はブームの浸透に不可欠です。2015年には人気番組で「冬アイスの世界」が放送され、これをきっかけに「冬アイス」という言葉が広く知られるようになりました。続いて2016年、セブン-イレブンは「冬アイス」をテーマにしたテレビCMを放送し、同時にキャンペーンを実施しました。冬の時期にアイスの宣伝をするという斬新な企画は成功を収め、多くの人に「冬アイス」という言葉を広めました。さらに、2016年には一般社団法人日本アイスマニア協会が11月15日を「冬アイスの日」と制定しました。この日にはアイスクリームメーカーがおすすめする冬アイスの無料配布などの啓発活動が行われ、「冬アイス」は今や広く知られる言葉となりました。

冬アイスの日

アイスクリームの楽しみ方は時代と共に多様化し、今では一年中楽しめるようになりました。特に「冬アイス」は、ここ数年で単なるブームから文化へと変化しています。これから訪れる本格的な冬でも、「冬アイス」の魅力は衰えることなく続いていくでしょう。

  1. フタバ食品 サクレ スイカ

    サクレ スイカ

  2. 森永製菓 板チョコアイス 夏限定 2024

    板チョコアイス 夏限定 2024

  3. 明治エッセル スーパーカップ カフェオレ&チョコチップ

    明治エッセル スーパーカップ カフェオレ&チョコチップ

  4. フタバ食品 サクレ ソーダ味&バニラ

    サクレ ソーダ味&バニラ

  5. 森永乳業 リプトン 紅茶ラテ氷

    リプトン 紅茶ラテ氷

最新発売情報

アーカイブ