2020/07/25

熊本天草名物 ガリっとチュー

ガリっとチュー

天草のソウルアイス

熊本天草で長年愛されてきた袋入りかき氷、永田冷菓「ガリっとチュー」。名前でピンと来た人もいるかと思います。そう!モノマネで有名な、お笑いコンビ「ガリットチュウ」のコンビ名の由来となった商品です。「ガリットチュウ」の福島善成さんが天草市出身なのだそうです。

三角形の袋氷

同商品を手掛ける永田冷菓は元々雑貨小売業「永田商店」として昭和29年(1954年) に創業しました。糸こんにゃく工場の工程でビニール袋にビッシリと密封されている様からヒントを得て昭和32年3月に「袋入りかき氷」が誕生。きめ細かくサラサラとした触感が特徴。昭和44年(1969年) から袋の形状を三角形にして食べやすさを追求。現在のキャラクター付きの「ガリっとチュー」が誕生しました。しかし一時は惜しまれつつも製造終了。多く人のリクエストに応えて2019年に見事復活を遂げました。

この「ガリッとチュー」をはじめとする袋氷は九州では定番。今でも袋入りかき氷は九州のメーカーをはじめ色々な企業から発売されていますが僕の知る限りこの三角形の袋に入った袋氷は「ガリっとチュー」だけ。内容量は120ml。三角形なので袋の高さがあり意外と大きく見えますが他社の袋氷と内容量はさほど変わりません。(むしろ少ないかも)

永田冷菓ではこのようなユニークなご当地アイスを数多く販売していますが、その中でもダントツに地元の人にとって知名度が高い商品がこの「ガリっとチュー」。熊本県民にとっては思い出の味。復刻をしてこうして食べられるのはうれしいですね!

同じ袋氷で、フタバ食品『かき氷 いちご味』もレビューしていますので覗いてみてください。




懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter


facebook


Go Top