MOW(モウ) マスカット

コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。 今回ご紹介するアイスは、森永乳業 mow マスカット!

mowは2003年に「牧場で食べるソフトクリーム」をコンセプトに発売されました。

コクのあるミルク感、なめらかな食感が特徴のカップアイス。

乳化剤や安定剤を使わない原材料や製法へのこだわりも人気の要素のひとつ。

その「mow」シリーズが、10周年を機に6月10日に全面リニューアル。

そして、新生mowの中に新作の夏季(期間)限定のフレーバーも登場。

それが、今回ご紹介する「mowマスカット」です。

パッケージは、マスカットカラーのグリーンを基調にして、丸や菱形のかわいい模様が施されています。

リニューアル後も形状は変わらないおなじみの紙パッケージ。

隠れてしまいましたが、右下にはmowのこだわり、”乳化剤・安定剤不使用”の文字が記載されています。

内容量は150ml。カップアイスでは一般的なサイズ。

内蓋は、リニューアル前は3種類のラベルが使われていました。

リニューアル版は1種類。 真ん中に「素材のおいしさ mow」と記載されています。

原材料と同様で「シンプル イズ ベスト」ですね。

カップも鮮やかなマスカットカラー。

mowのなめらかな食感の秘密は、急速凍結する独自製法で氷の結晶を小さくています。

(※mowフリージングシステムといいます。)

好みにもよりますが、冷凍庫から出して少し時間を置いてから食べた方が、よりおいしくいただけます。

アイス自体に色はついていません。 見た目ではマスカットとはわからないでしょう。

マスカットの果汁は11%、甘酸っぱくて濃厚なマスカット風味が楽しめます。

ミルクと果実のバランスは絶妙!今までのmowのフルーツ系フレーバーは、もっと味が丸い感じでしたが

今回は果実の風味が際立っていて、くっきりとした爽やかな印象です。

もちろん、mouの特徴であるコクのあるミルク感、そしてなめらかな舌ざわりとマイルドな味わいは健在です。

夏季限定のミルクマスカットのやさしい味わい。

ミルキー&フルーティーな贅沢な味が楽しめます。

種別はアイスミルク規格。乳化剤、安定剤は使っていません。

製造は静岡県の冨士乳業株式会社 三島工場。

カロリーは1カップ(150ml)あたり、226キロカロリー。

素材の味を楽しんでもらうために行き着いたのが「ラベルクリーン処方」。

必要最低限の原料のみを使用し、乳化剤や安定剤を使用していません。

なので、原材料のラベルがとってもシンプルなんです。今度、他のアイスと比べてみてください!

この価格でこのクオリティー。相変わらずコストパフォーマンスが高い!

mowファンの人、マスカット好きの人には見逃せない味。

期間限定ですので、気になる方はコンビニやスーパーへGO!

品名 MOW(モウ) マスカット 森永乳業
購入店 セブンイレブン
価格 126円(税込)
種類別 アイスミルク
内容量 150ml
成分 写真参照
エネルギー 226kcal
発売日 2013年6月10日
好みランク(5) ★★★★☆ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント  マスカット&ミルクのやさしい味わい!
  1. 赤城乳業 ガリガリ君 梅

    ガリガリ君 梅

  2. セブンプレミアム トゥンカロンアイス 黒蜜きなこ

    トゥンカロンアイス 黒蜜きなこ

  3. ウチカフェ 100%果汁フルーツバー グレープ

    ウチカフェ 100%果汁フルーツバー グレープ

  4. 井村屋 はちみつレモンアイスバー

    はちみつレモンアイスバー

  5. フタバ食品 コーラ&バニラバー

    コーラ&バニラバー

最新発売情報

アーカイブ