2013/02/01

濃厚旨ミルク The Milk Premium

アイス評論家のアイスマン福留です。

今回ご紹介するのは、赤城乳業 濃厚旨ミルク The Milk Premium です。

旨ミルクの開発のきっかけは、1999年発売の「生タイプチョコレート」という商品。

そのアイスの中に、とろっとしたミルククリームを入れて2005年に誕生したのが「旨チョコミルク」(旨ミルクの前身商品)です。旨チョコミルクは、生クリームを効かせた濃厚なミルククリーム(乳脂肪分18%!!)をチョコレートアイスで包んだ商品でした。

翌年、「濃厚旨ミルク」に改名され、パッケージもおなじみの牛柄モチーフに。この牛柄は現在まで受け継がれています。その後、「濃厚旨ミルク」シリーズとして色んなフレーバーが発売され、ファンを増やしてきました。

今回の「濃厚旨ミルク The Milk Premium」。パッケージに牛柄は少なめ。高級感があります。

濃厚のゴールド文字が縦書きでインパクトがありますね!

旨ミルクは、最近だと、四角型角の落ちた丸っこいフォルムの2タイプがあります。(以前はカップもありました)

内容量は、四角は90ml、そしてプレミアム系の丸型が85mlです。

そして、今回の「濃厚旨ミルク The Milk Premium」は四角のタイプ。しかし内容量は75ml!

サイズはひとまわり小さく、価格は通常版よりも高い158円。プレミアム仕様ですね。

見るからに食べごたえがありそうなチョコレートコーティング。

チョコレート好きにとっては魅力的なビジュアルです。

甘さの中に苦味のあるコーティングチョコ。予想通り、パキパキと食べごたえのあるコーティングです。

そして、内側のアイスクリーム。これが・・・超濃厚っ!なんと乳固形分が29%!

とろとろのミルククリームは入っていないものの、食べてみて、”The Milk Premium”という名前に納得しました。

リッチでコクのある濃厚なミルクの味わい。舌触りもなめらかなです。

全体が混ざり合う感じではなく、コーティングチョコレートと、ミルクをそれぞれ単体で味わうタイプのフレーバーですね。

種類別は、文句なしのアイスクリーム規格。

製造は、赤城乳業株式会社。

カロリーは256キロカロリー。炭水化物が20.5グラム。

75mlで158円だとちょっと高いと感じてしまう人もいるでしょう。

ただ、食べてみると・・・きっと納得していただけるでしょう。この価格でこの味が楽しめたら安いもんです。

濃厚旨ミルク史上最濃の濃いミルク!!全固形分47%の超濃厚なクリーム。

とにかく濃厚なミルク味のアイスクリームが好き!という人にはおすすめです。

これは、食べておかないと損しますよ~!!!

品名 濃厚旨ミルク The Milk Premium 赤城乳業
購入店 ミニストップ
価格 158円(税込)
種類別 アイスクリーム
内容量 75ml
成分 写真参照
エネルギー 256kcal
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント とにかく濃い!間違いない!

アイスは人を元気にする。シアワセにする。

独断と偏見で好き勝手書いているアイスレビューを、最後まで読んでいただきありがとうございます!
多くのアイス好きの人に楽しんでいただけるもの、見ていてシアワセになれるようなコンテンツづくりを心がけています。もし、少しでも「参考になった!」と感じましたら下記バナーをクリックしていただければ幸いです。

この、応援クリックが日々のコンテンツ更新の励みになりますのでよろしくお願いします!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top