コンビニアイスマニアへようこそ!

アイスマン福留

■アイスクリームは多くの人を笑顔にする
アイスを食べている時こそ至福のひととき。アイスクリームを食べれば人は自然と笑顔になります。アイスクリームは老若男女すべての人が楽しめる食べもの。紀元前の誕生から今なお続くアイスクリーム人気。年齢・性別だけではなく、国境を越え、時代を越え、世界中の人々がアイスクリームに魅了され続けています。アイスクリームにはそれだけ人を夢中にさせる不思議な力があるんですよね。きっと、「アイスクリームを楽しむ文化」が、人を笑顔にして、社会も元気にしてくれるでしょう。

■アイス評論家とは
年間約1,000個(種類)のアイスを食べて、その中から気が向いた時にレビュー(感想)を書いています。朝から晩までアイスを食べて研究するアイスまみれの毎日。具体的な活動内容は、アイス情報の収集と発信、歴史年表などの作成、アイスパッケージの収集、業界専門紙でのコラム執筆など。最近では小学校での「アイスの授業」なども行っています。

■コンセプトは、「アイスクリームをもっとおいしく。」
アイスクリーリームを”よりおいしく楽しむため”の情報を伝えていきたいと思っています。お酒が一滴も飲めない純甘党なのでコメントも超甘口です。人間の”味覚”はとっても曖昧なものだと思っています。情報を詳しく知る(興味を持つ)ことで食べものは、もっと美味しくなる(感じる)のではないでしょうか。また、人は食べる前に印象で評価をしてしまいがちです。自分自身の好みだけで、これから食べる人のハードルを下げたくないという思いがあります。

■アイス評論家をはじめたきっかけ
アイスのソムリエみたいな、「プロ」がいて、そんな人のうんちくや説明を聞きながらアイスを食べたら、きっと楽しくて美味しく感じるだろうな。と昔から思っていました。そんな人はいないのかな?と探してみましたが、いなかったので、自分自身がそういう存在になれたら…と思い、ある日勝手に「コンビニアイス評論家」を名乗りました。そう、今まで様々なグルメ評論家が存在しましたが、国民的人気デザートであるアイスクリームの専門家や評論家が不思議と居なかったのです。好奇心でプレスリリースをうってみたところ、「コンビニアイス評論家」という、その変わった肩書きがインターネット上で話題になり、多くのメディアに取り上げていただけるようになりました。たまたま誰も居なかったのと、一番最初に図々しく手をあげたことで、人生が大きく変わりました。・・・いやいや、言ってみるもんですね。

■評論スタイル
僕の評論スタイルは、”淀川長治スタイル”です。映画評論家の淀川長治さんのやさしい評論スタイルが好きでした。元々、活動コンセプトが「アイスクリームをもっとおいしく。」なので、淀川さんのように”良い部分を見つけて伝える”という姿勢を見習い、やさしい評論スタイルで活動していきたいと思っています。「名前がいい!!!!!」とかね。

■弱点と悩み

・普通の人よりもかなりお腹が弱い。(毎日トイレにかけこんでます。)
・要領が悪い。(今まで色んな仕事をしてきましたが、役立つことよりも迷惑をかける方が多かった。何度も転職を繰り返して、自分自身の世界をつくり上げていくことを決めてアイスマンになりました。)詳しくはプロフィールを見てください。
・アイス以外の知識は皆無。アイス以外の情報はスルーして生きているので、ほとんどの話題についていけません。
・夏が終わるのと同時に忘れ去られます。活動時期は主に夏。

■やりたいこと
このサイトと、自分自身の活動を通じて、多くの人の”ひまつぶし”になればいいと思っています。僕の今までの人生の中で”人に喜んでもらえること”があまり無かったので、「アイスマンの話を聞いてアイスが食べたくなった!」、「ひまつぶしにサイトよく見てます!」なんて言われるのが何よりも嬉しい。アイスの活動を通じて多くの人の小さな喜びに触れられれば幸せです。

■詳しいプロフィールはこちら。 http://www.conveniice.com/iceman-profile

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top