2012/11/26

新潟県ご当地アイス「もも太郎」

新潟県ご当地アイス「もも太郎」

こんにちは。アイスマン福留です。今回は新潟のご当地ソウルアイスを紹介します。

新潟に住んでいる人は、誰もが知っている夏の定番アイス。それが「もも太郎」です。

独特のガリガリ食感と清涼感が特徴のかき氷バーで、桃太郎と言っても、桃味ではなく、いちご味なんですけどね!

なんでも、昔お祭りなどの屋台で桃のかたちをした木型にかき氷を詰め、シロップをかけたものを「桃型」として販売していたそうです。

そう、だから名前が「もも太郎」なんですね。

桃太郎アイス

これは新潟県の方に聞いた話ですが、新潟県だと「もも太郎」と言えば、おとぎ話の「桃太郎」よりも、アイスを連想する人が多いんだとか・・・。

それぐらい新潟県人にとっては馴染み深いアイスなんです。

そんな「もも太郎」を製造している代表的なメーカー「セイヒョー」は、大正5年(1916年)に創業した会社。

氷の製造卸売から氷菓の製造販売を手掛ける氷のスペシャリスト。(東北地方のソウルアイス「ビバオール」の復刻版も手がけています)佐渡島の美味しい水を使って昭和30年代から「もも太郎」を作り続けています。おもしろいのが、セイヒョーの商品ラインナップ。「もも太郎」のほか、「金太郎」(あずきのかき氷バー)、「うらしま亀太郎(柿のペースト入りかき氷バー)※現在は販売を終了しています」など。

名前から想像できないフレーバー。そして、何故”うらしま亀太郎”なのか。(笑)そもそも「桃太郎」っていうと、岡山県を想像してしまいますよね・・・。

また、もも太郎アイスを製造・販売しているのは「セイヒョー」だけではなく、「ダイイチ(第一食品)」、「さかたや」などもあります。

3社とも新潟県のメーカー。そう、「もも太郎」は”新潟の名物アイス”として、各社が製造・販売をしているのです。

各社それぞれ味や成分は多少異なりますが、基本コンセプトは同じ。ピンク色のガリガリ食感のいちご味のかき氷バー。

九州名物の氷菓「白くま」のような存在なのでしょう。

新潟のソウルアイス「もも太郎」。

現地に行った際は、是非一度食べてみてください。

数量が多くてもよければネット通販でも購入は可能です。




懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter


facebook


Go Top