2012/12/10

ピノ ロイヤルカフェラテ

アイス評論家のアイスマン福留です!

今回ご紹介するアイスは、冬季限定 森永乳業 ピノ ロイヤルカフェラテ。

ピノは1976年に誕生し、多くの人から永く愛され、商品名もブランド化されています。

ピノ ロイヤルミルクティーに続く、期間限定商品です。

パッケージは緑色が基調。右からミルク、左からコーヒーが注がれたカフェラテのイメージデザイン。

コーヒーの生豆のイメージか、それともコーヒーショップのイメージからなのか、コーヒー=緑色っていうのもしっくりときますね。

6粒入りおなじみの箱。

ピノの通年販売(一年を通して買える)商品は通常のバニラ。そして、昨年(2011年)から通年商品として仲間入りしたビターチョコの2種類。あとは、季節に合ったシーズンフレーバー(季節限定)が年に4~5種類発売されています。

今回のロイヤルカフェラテも季節限定フレーバーの新商品。

箱の底(裏面)には、ピノのおいしさの説明が。

おなじみ、ピノピック。番号が記載されていて、サイトで診断ができます。

粒タイプのかわいいフォルム。見慣れたけど、この富士山型のピノ、親しみのあるかたちですよね。

1粒あたりの容量は10ml。マルチパックのアソートも同じサイズです。

ピノ特有の薄いチョコレートコーティング。程よい甘さのミルクチョコレート。

舌で圧力をかけると、中のなめらかなアイスクリームと混ざり合います。
中のアイスは、オリジナルブレンドのコーヒーを使用したカフェラテアイスクリーム。

アイスクリームは濃厚。コクのあるカフェラテ味ですが、ミルク感もしっかりと味わえます。

相変わらず安定感を感じる味わい。

種別は、アイスクリーム規格。乳脂肪分9%、乳固形分…20%です。

製造は富山市の森永北陸乳業 富山工場。

1箱食べると、192kcal(32×6粒)。

60ml、量としては大きめのアイスバーの半分ぐらいの容量。

この量とサイズが絶妙。「足りない・・・」と毎回思い、ついついリピートしてしまう。

不思議と損した感を感じさせないのが、これまたピノブランドの威力。

何度食べても、どのフレーバーでも、ピノの口溶けの良さはピカイチですね!

大人も子ども、男性も女性もみんな大好き。そんな印象。

ピノリアンはもちろん、コーヒーフレーバー好きの人にもおすすめです。

この時期しか食べられないシーズンフレーバーですので、気になる方はお早めに!

見つけたらすぐゲットですよ♪

品名 ピノ(pino) ロイヤルカフェラテ 森永乳業
購入店 ローソン
価格 126円(税込)
種類別 アイスクリーム
内容量 10ml×6粒
成分 写真参照
エネルギー 192kcal(32×6粒)
好みランク(5) ★★★★☆ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント コーヒー好きの人は是非一度♪

アイスは人を元気にする。シアワセにする。

独断と偏見で好き勝手書いているアイスレビューを、最後まで読んでいただきありがとうございます!
多くのアイス好きの人に楽しんでいただけるもの、見ていてシアワセになれるようなコンテンツづくりを心がけています。
もし、少しでも「参考になった!」と感じましたら下記バナーをクリックしていただければ幸いです。
この、応援クリックが日々のコンテンツ更新の励みになりますのでよろしくお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top