2012/04/18

ジャイアントコーン ネクスト

アイスマン福留です。

今回ご紹介するアイスは、グリコのジャイアントコーン ネクスト。

ジャイアントコーンは、1963年(昭和38年)ジェットタイプ(包み紙がジェット機のような形状)のアイスとして登場。

発売当時の名前は「グリココーン」(20円)でした。
パッケージも何度も変わり、時代と共に進化し続け今でも多くの人に愛されるロングセラー商品です。

今回紹介する、「ネクスト」は通常版ジャイアントコーンより30円高いリッチ版。

以前、紹介したジャイアントコーン スペシャル チョコミルフィーユ に近い仕様というか・・・、ほぼ同じです。

メーカーに確認をしたところ、商品自体は前作と同じで、ネーミングが変わっただけだそうです。

ゴールドのパッケージがゴージャス!

チョコとアイスクリームのおいしさを引き立ててくれる深焼きのキャンディーコートピーナッツ。

チョコレートコーティングの表面に贅沢に散りばめられている。

ジャイアントコーンは、この…アイスに一番上のチョコレートコーティング部を食べるのが最初の楽しみ。

結構分厚くてボリュームのあるコーティング。

チョコのカタマリなので、だいたいバランス良く食べることができません。(一気に全部はがれてしまう)

口の周りをチョコだらけにしながら豪快にかぶりつくのが、いいんですよね。

横から見るとこんな感じ。アイスクリーム規格なのでやわらかく溶けやすい。

包み紙の開封は、昔に比べて格段に開けやすくなっています。

アイスクリームの中にぐるぐると巻かれた「ビスキーチョコ」がネクストの一番の特徴。

層状にミルフィーユのように入っています。サクサク食感で、時折チョコのカタマリがあるのも嬉しい。

アイスクリーム部分は、ミルク感の強いアイスクリーム規格。口あたりがなめらかでとっても濃厚。

そして、コーン。ジャイアントコーンのコーン部は特徴のある食感&味。
ほかのアイスクリームのコーンよりも硬めでサクサク感がある。そして香ばしくて味わい深い。
コーンがアイスクリームの「おまけ」ではなく、しっかりと味わいが楽しめる素材のひとつになっているんですよね。

1個あたりのカロリーは313kcal。内容量は140ml。

種別はアイスクリーム。製造は茨城グリコ株式会社。

ネクストという名の通り、ジャイアントコーンの進化系。

ジャイアントコーンスペシャル チョコミルフィーユを食べて、また食べたい!と思っている人は多いと思います。

今回のジャイアントコーンネクストは名前は違いますが中身はスペシャルチョコミルフィーユと一緒です。

このリッチ版のジャイアントコーンを食べたことの無い人には是非一度食べていただきたい。

満足度、めっちゃ高いです。

品名  ジャイアントコーン ネクスト グリコ
購入店  セブンイレブン
価格 158円(税込)
種類別 アイスクリーム
内容量 140ml
成分 写真参照
エネルギー 313kcal
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント  進化するロングセラーアイス。これはおいしい!

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top