2012/04/05

おいしいチーズモナカ

アイス評論家のアイスマン福留です。

今回ご紹介するのは、森永製菓「おいしいチーズモナカ」。

この、森永アイスのおいしい○○モナカシリーズはシンプル&ハイクオリティーで人気のあるシリーズ。

アイスのタイトルに”おいしい”ってつけるのって結構勇気あることだと思います。

自信がなければ言えませんからね。

以前(2010年)の商品とはチーズの割合などが変わり、リニューアル。

上記の2010年版に比べ、量は変わらず、お値段は147円から126円にダウン。お買い求めやすくなりました!

パッケージからして、チーズ系フレーバーアイスが好きな人にはたまりません。

茶系と黄色をベースに使ったチェダー&クリームチーズのイメージ。

ビニールから出すとシンプルで、のぺーっとしたモナカが登場。

モナカの皮はパリッパリ!皮の香ばしさとサクサク感が味わえます。

モナカの皮は、しんなり派とパリパリ派好きで好みが分かれますが、本商品は後者好みのパリパリタイプ。

食感のいいモナカ皮に挟まれた中身のアイスクリームは乳脂肪分8%の濃厚なアイスクリーム規格。

さっそく食べてみると、バリバリ!というモナカ皮の音と共に、なめらかで口溶けの良いアイスクリームの味わい。
その後に、チェダー&クリームチーズのダブルチーズ攻撃。芳醇で濃厚なチーズの香りが口いっぱいに広がります。

森永デザートのチーズ系フレーバーのクオリティーはやっぱり格別。

同社のチーズスティックが好きな人は、間違いなく好きです!(味がそっくりなので。^^)

モナカの凹凸が少なく、皮表面が平面に近いので、自然に大きく大胆に口をあけて食べてしまいます・・・。

小分けにするよりもこうして大胆に食べた方がたしかにチーズモナカの持つ風味を堪能できる気がします。

ま・・・まさか、これもメーカーの計算か?!だとしたら、すごい。

種別はアイスクリーム規格。

2010年版と比べると、無脂乳固形分と乳脂肪分がそれぞれ1%ずつ落ちて、クリームチーズとチェダーチーズの割合も変わっている。

2010年版は、(クリームチーズ:78%、チェダーチーズ:18%)だった。今年の新おいしいチーズモナカの割合は以下の通り。

実際、前回の味も憶えてないし(笑)、価格ダウンの方が消費者のニーズとしては大きいのかもしれませんね。

カロリーもちょっと落ちました。225kcal ⇒ 216kcal。

容量は120ml。製造は佐賀県の森永デザート株式会社。

チーズ系フレーバーの達人。森永デザートの傑作。「おいしいチーズモナカ」。

食べ応えがあって、濃厚な味わいのアイスモナカです。

本格的なチーズアイスと言ってもいいんじゃないでしょうか。

チーズスティックのモナカ版と言ってもいいでしょう。

味にうるさい(特にアイスの味には)という人にも満足していただけるハイクオリティーアイスです。

おそらく、セブンイレブンの専売商品。おいしいバニラモナカと一緒に並んでいると思います。

もし見つけたら、是非一度食べてみてください。

おいしくてうなりますよ!

品名 おいしいチーズモナカ 森永製菓
購入店 セブンイレブン
価格 126円(税込)
種類別 アイスクリーム
内容量 120ml
成分 写真参照
エネルギー 216kcal
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント  チーズスティックのモナカ版。(きっぱり)

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top