2018/05/26

森永 れん乳氷

アイスマン アイコンこんにちは!アイスマン福留です。

夏の定番、森永れん乳氷カップがリニューアルして登場!さっそくご紹介します。

『森永 れん乳氷』

ファンも多い。森永れん乳氷シリーズ。本商品は2005年に誕生した商品です。

森永ミルクはまもなく100年

「森永ミルク」(缶入り)が誕生したのは、1919年(大正6年)。まもなく100周年を迎える超ロングセラーブランド。

子牛の名はミルリン

同シリーズに登場するお馴染みの子牛のマークは、1956年(昭和31年)から使われています。この子牛の名前は「ミルリン」。

当時、デザイナーなどいなかった時代で画家によって描かれたものですが、実は発売して56年間もの間、名前が付いていませんでした。

2012年8月に6,625件の応募の中から選ばれ、「ミルリン」という名前に決まりました。(めでたしめでたし)アイス好きのかたは覚えておきましょう!

森永乳業 森永 れん乳氷

内容量は、今回のリニューアルで160mlになっています。(以前は180ml)

カップタイプは、以前はプラスチック製の蓋を採用していましたが、今回のリニューアルでシール製の蓋になりました。

基本的なデザイン&カラーは変わりませんが、れん乳氷のイメージが大きく配置されたことで印象も随分変わりましたね!

参考→『2010年版森永れん乳氷

森永乳業 森永 れん乳氷

シールをはがすと、真っ白いれん乳氷が登場!

森永乳業 森永 れん乳氷

細かい氷がたっぷり使われ、さらりとしたなめらかな食感!この、さっぱりとしつつもミルクの深いコクと甘みが楽しめるのが”森永れん乳氷”の魅力。おいしさと共に、どことなく懐かしさも感じる味わいです。

微細氷の中に時折大きな粒氷も混ざり、食感の良いアクセントに。この粒氷をゴリゴリとかみ砕きながら食べるのが…いいんですよね。

そして、とろっとしたれん乳ソース。本商品”森永れん乳氷”の真骨頂です!濃縮された甘みと深いコク、とろっとした食感。うーん、れん乳は正義!

シンプル・イズ・ベスト。味のバランスも絶妙。何度食べても飽きない味ですね!

森永乳業 森永 れん乳氷

カップの底の方に濃厚な味わいの”れん乳ソース”がたっぷりと溜まっています。

スプーンを深く差し込んで、かき混ぜて食べるとバランス良く味わえます。

森永乳業 森永 れん乳氷

乳固形分も5%以上なので、ラクトアイス規格。

製造は、新潟のソウルアイスでおなじみ「もも太郎」や東北地方ではおなじみ「ビバオール(現:ビバリッチ)」を手掛ける株式会社セイヒョー。

森永乳業 森永 れん乳氷

さっぱりとしたミルクの味と濃厚なれん乳の組み合わせ。れん乳好きにはたまらない!

食べたことがない人はもちろん、昔よく食べたよ!って人も、久しぶりに食べてみてはいかがですか?ひと足先に夏を感じること間違いなしです!

アイスマン福留でした!Have a ICE day !!

商品名
森永 れん乳氷
購入店
デイリーヤマザキ
価格
130円(税込140円)
種別
ラクトアイス
内容量
160ml
成分
写真参照
エネルギー
172kcal
発売日
2018年5月21日
ひとことコメント
久しぶりに食べてみよう!シンプルですが間違いないおいしさです。これでも物足りなさを感じるれん乳星人は、追いれん乳をして食べてね♪

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top