2014/07/26

モモボール

アイス評論家のアイスマン福留です。

今回は、井村屋のボールアイス(シャーベット)シリーズの新フレーバーをご紹介。

ボールアイスは、サクサクとした食感が楽しめるさっぱりとしたシャーベット。

かわいいフォルムのプラスチック容器は、なかなか捨てることができず小物入れとして再利用されることが多く、

そのためなのか、多くの人の記憶に残り”昔懐かしいアイス”としてよく紹介されます。

’70~’80年代頃から、井村屋に限らず、多くのメーカーが今まで販売してきました。

実際に自分が幼い頃に食べていたボールアイスがどこのメーカーだったかは憶えていません。

代表的なフレーバーは、やはり「メロン」と「オレンジ」でしょう。

井村屋のボールアイスで現在(2014年)買えるフレーバーは、メロン・オレンジ・スイカ・梨・桃の5種類。

今まで発売されたフレーバーは果実系が多い中、変わったものだと、栗のかたちをした『天津甘栗アイス(90年代)』なども過去に販売されていました。

今回はそんなボールアイスの新フレーバー!「モモボール」をご紹介します。

桃のかたちをしたプラスチック容器。透明フィルムで覆われています。

井村屋 モモボール

透明フィルムを剥がすと、色もかたちも桃っぽさ全開の容器!

先端がチョンと尖っているところがかわいい。

内容量は170ml。見た目のサイズよりも、やや多い印象です。

同シリーズの「スイカボール」は、透明のフィルムに黒い線模様が描かれていたため、フィルムを剥がしてしまうと

ただの瓜っぽいビジュアルになってしまったのですが、モモボールはフィルムを剥がしても、しっかり桃に見えます。(笑)

井村屋 モモボール

蓋を開けると、さっそく桃の甘い香りが漂います。

シャーベットは、絞り出したホイップクリームのような形状…食欲をそそります。

井村屋 モモボール

さっそっくスプーンで食べてみると、桃の風味とシャーベット特有のサクサクの食感。

無果汁ですが、桃の風味抜群です。

果実の濃厚でとがった味ではなく、子供向けのやさしい味わい。

モモボールが、「どう?果汁って…いらないでしょ?」と語りかけてきそうなおいしさ。(笑)

果汁たっぷりの本格派シャーベットではなく、子供の頃によく食べたあの味…といった感じ。

桃の風味の特徴をしっかりと表現したシャーベット。これ・・・、好きな味。

井村屋 モモボール

種別は氷菓。1個(170ml)あたり、117kcal。

momoball05

新フレーバーなのに、なつかしい味。

食べたあとは、容器を小物入れとして使うもより、全フレーバーを制覇してコレクションするもよし。

おいしさのほかに、アイスにとって大事な要素のひとつ「楽しさ」も同時に味あわせてくれる商品です。

気になるかたは是非探してみてください。

品名 モモボール 井村屋
購入店 セブンイレブン
価格 98円(税込106円)
種類別 氷菓
内容量 170ml
成分 画像参照
エネルギー 117kcal
 発売日 2014年4月
好みランク(5) ★★★★☆ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント  食べるだけでなく、容器を集める楽しさも!

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top