2014/06/07

ブルーシールアイス 塩ちんすこう

コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。

今回は、アメリカ発沖縄育ちのブランド「ブルーシール」のアイスをご紹介。

沖縄のアイスと言えばブルーシール、というぐらいブランドも全国的に浸透しています。

そんな「ブルーシール」のアイスをコンビニエンスストア「ミニストップ」で発見!

沖縄のアイスが気軽に近所のコンビニで買えるなんて!(沖縄フェアだそうです)

いやいや、いい時代になりましたね…。

ブルーシールアイスには、たくさんのフレーバーがありますが、

今回ご紹介する味は、沖縄銘菓「ちんすこう」を使った沖縄ブランドならではのフレーバー。

ブルーシールアイス 塩ちんすこう』です。

ブルーを基調とし、ちんすこうのイメージをあしらった爽やかなパッケージデザイン。

ブルーシールアイス 塩ちんすこう

内容量は130ml、高価格帯のミニカップサイズとしては平均的なサイズ。(ちょい…多めぐらい?)

ブルーシールは、1948年に沖縄の米軍基地に従事するアメリカ人向けにフォーモスト社が基地内で創業しました。

基地内でしか食べられなかったのですが、1976年にフォーモスト・ブルーシール社が誕生。

この頃から、多くの沖縄の人に親しまれ、地元のアイスクリームとして広がりました。

ブルーシールアイス 塩ちんすこう

蓋を開けると、真っ白いバニラアイス。

ブルーシールという名前の由来は、アメリカで優れた酪農製品に与えられるブルーリボン賞の受賞商品につけられる「ブルーシール」から、そして、社名フォーモスト・ブルーシール社の”フォーモスト”は、その賞(ブルーリボン賞)を受賞したフォーモスト号というにあやかって名付けられました。

つまり、最高の味・品質を目指そうという信念が込められた社名・商品名なんですね。

ブルーシールアイス 塩ちんすこう

バニラアイスは、ほんのり塩味!最近大人気の塩バニラ味です。

カルシウム豊富な北谷(ちゃたん)でとれる塩を使用。

これが、バニラアイスのおいしさ(甘みとコク)をさらに引き出してくれています。

その絶品塩バニラアイスの中に混ぜ込まれたちんすこう。

アイスの味がしみこんだしっとりとしたちんすこうは文句なしのおいしさ。

塩バニラアイスとちんすこう…出会うべくして出会った、と思ってしまうほど相性抜群の組み合わせ。

これはブルーシールアイスの特徴でもあるのですが、濃厚な味わいなのにさっぱりとしています。

種別はラクトアイス規格、独特のおいしさ。

アメリカのアイスに沖縄の独自の文化が混ざり合った何とも言えない味わい。

やっぱり、ブルーシールのアイスはおいしいなぁ…。

なんていうか、後を引くおいしさなんですよね。

あっという間に完食してしまいました。

ブルーシールアイス 塩ちんすこう

種類別はラクトアイス、無脂乳固形分は11.5%、植物性脂肪が10%。

ブルーシールアイス 塩ちんすこう

近所のコンビニ(ミニストップ)で、まさかのブルーシールアイスとの出会いに感激。

今後、ちょこちょこ色んなフレーバーが投入されるといいですね。

久しぶりに食べたブルーシールアイスの独特の味わい。最高でした。

店舗によって商品の取扱いは様々ですが、もしミニストップでブルーシールアイスを見つけたら是非食べてみてください。食べている間、沖縄気分が味わえますよ。

品名 ブルーシールアイス 塩ちんすこう
購入店 ミニストップ
価格 270円(税込291円)
種類別 ラクトアイス
内容量 130ml
成分 写真参照
エネルギー 213kcal
発売日 2008年
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント  久々に食べました!ブルーシールもコンビニアイスの仲間入り?!

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top