2013/03/25

パリパリバー 大人のカフェオレ

[ad]

コンビニアイス評論家 アイスマン福留です。

今回ご紹介するアイスは、コンビニ限定 森永製菓 パリパリバー。

前回、通常版(バニラ)のパリパリバーをご紹介しましたが、今回のフレーバーは「大人のカフェオレ」。

パリパリバーは、1986年発売(マルチパックが翌年の1987年)。

この頃は、各社からキャラクターアイスや、一風変わったコンセプトのユニークアイス等がたくさん登場していた時期。そう、今では慣れたこのパリパリ食感も発売当時は斬新でした。

きっと、パリパリバーのファンは多いでしょう。僕も根っからの”パリパリスト”です!

円柱型のマルチ(ファミリー)タイプの方が馴染み深い・・・という人も多いかもしれませんね。

パッケージは、落ち着いた「カフェオレカラー」。

パリパリバーの文字も、黄緑の縁取りに、白&黒のパリパリバーをイメージしたフォントです。

袋から取り出すと、美しいトラ模様のパリパリバーが登場。食べる前から見た目でパリパリ感が伝わってきます。

森永製菓独自の製法で、この複雑な芸術的なシマ模様がつくられています。

最近はパリパリの食感のアイスが増えてきていますが、25年前にこのパリパリ食感の商品をつくった森永製菓の功績は・・・大きいですね!

内容量は、110ml。アイスバーとしては平均的なサイズです。

いくつかのアイスバー(他社製品になりますが、)と比較してみると、赤城乳業 ガリガリ君が113ml、井村屋のあずきバーが95ml・・・といった感じ。

断面はこんな感じ。ほんのり苦味のあるコーヒーの香りと、ミルクの風味が混ざり合い、まさに大人のカフェオレ味。

コーヒー、カフェオレフレーバーのコンビニアイスって個人的に大好きなんですが、意外と少ないのでテンションが上がってしまいます。さらに、おいしさだけでなく楽しさも思いっきり味わえるパリパリチョコ。これ、もう無敵ですよ。

くちどけの良いアイス、コクのあるカフェオレの風味、甘くて食感の良いパリパリチョコ。

・・・夢中になって食べてしまいます。

「森永アイス」・・・森永製菓のアイスですね。そう、森永製菓と、森永乳業は別ですので、間違いないように!

種別はアイスミルク規格。

製造は、同社のおいしい○○モナカシリーズでもおなじみ。佐賀県の森永デザート株式会社。

1本(110ml)あたりのカロリーは210キロカロリー、炭水化物が22.3グラム。

みんな大好きパリパリバー!やっぱりおいしい。

バニラもおいしいですが、カフェオレ味もまた格別。何度でも食べたくなるおいしさです。

子供から大人まで幅広く愛されるアイスバーですね。

年代・時代を越えたおいしさで、25年のロングセラー。

「あ、そういえば最近食べてないなぁ・・・。」という方!

パリパリっ!と・・・久しぶりに食べてみませんか?


[ad#widget_250]

品名 パリパリバー 大人のカフェオレ 森永製菓
購入店 LOWSON
価格 126円(税込)
種類別 アイスミルク
内容量 110ml
成分 写真参照
エネルギー 210kcal
発売日 2013年3月18日
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント コクのあるカフェオレ風味にパリパリチョコ♪たまりません!

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top