2013/03/21

ガリガリ君 はちみつレモンスカッシュ

haneylemon コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。

今回は、おなじみ!赤城乳業 ガリガリ君の新フレーバーをご紹介します。

ガリガリ君は、1981年の発売以降多くの人に愛され、今では日本で最も有名なアイスキャンディーとしてのブランドを確立しています。

ガリガリ君シリーズのフレーバーは50種類を越え、毎回、新しい味と話題でいつも僕らを楽しませてくれます。

スカッシュのつかない「はちみつレモン味」は1990年に販売されました。そして一昨年(2011年)には、「レモンスカッシュ」が発売されました。こちらは当サイトでも紹介させていただいてます。

今回は、そのどちらでもない「はちみつレモンスカッシュ」です。

パッケージは緑と黄色でカラフル。ガリガリ君のキャラクターからはいつも楽しさが伝わってきます。パッケージは3種類。お好みのデザインを選びましょう。

袋から取り出すと、薄いレモン色のガリガリ君が登場。

今まで、ガリガリ君シリーズでレモン系のフレーバーは色々発売されました。過去を振り返ってみると・・・

1990年 はちみつレモン味
1994年 レモンスカッシュ味
2000年 レモンサワー味
2003年 レモネード味
2006年 レモン味
2011年 レモンスカッシュ味 (再)
2013年 はちみつレモンスカッシュ味

このほか、マルチパックで2007年にクリームレモン味も出ていました。

内容量は通常のガリガリ君と同様、113ml。(※リッチシリーズは110ml。)

ガリガリ君定番の2層構造。外側はシェル(膜)と呼ばれるアイスキャンディー。はちみつレモンスカッシュ味です。

その中にギッシリと詰め込まれたコア(かき氷)は、はちみつレモン味。外がはちみつレモンスカッシュ、内がはちみつレモンという構造。

はちみつレモンというだけあって、ただのレモン味ではなく、後味にしっかりとはちみつの甘い風味も感じます。

空前の「はちみつレモンブーム」を知っている世代としては、懐かしい味ですね。

アイスキャンディーとかき氷で感じる風味も食感も違うので、最後まで飽きることなく食べられます。

外側のアイスキャンディーは濃厚、そして中のかき氷はさっぱり!そしてシャクシャク食感。

酸味の効いたレモンの風味と、アクセントとなるはちみつの味とのバランスも絶妙。

あ。スカッシュといっても、シュワシュワはしませんが・・・、後味はスッキリとしています!

種別は、氷菓。原材料には、はちみつの他にレモン果汁、りんご果汁、ライム果汁などが使われています。

製造は自社。赤城乳業株式会社。

1本あたりのカロリーは、56キロカロリー。炭水化物は15グラム。

カロリーが気になる方も安心して食べられますね!

はちみつレモンスカッシュ味。

はちみつレモンの味は、はちみつとレモンの味が合わさったもの・・・というか、もう「はちみつレモン味」として独立しています。

それだけ多くの人に慣れ親しんだ身近な味わいだと思います。はちみつレモンファンの人も、ガリガリ君ファンの人も、見逃す訳にはいかないフレーバー。

ご興味のある方は、すぐに買いにいきましょう♪

食べたいものはすぐに食べる!チャンスを逃さないように。

品名 ガリガリ君 はちみつレモンスカッシュ 赤城乳業
購入店 セブンイレブン
価格 62円(税込)
種類別 氷菓
内容量 113ml
成分 写真参照
エネルギー 56kcal
発売日 2013年3月12日
好みランク(5) ★★★☆☆ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント  なつかしい味!

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top