2013/02/21

アイスのチョコパイ

コンビニアイス評論家のアイスマン福留です。

今回ご紹介するアイスは、ロッテ アイスのチョコパイ! 「アイスのチョコパイ」は、1994年に新商品として発売されました。発売時の名前は「チョコパイアイス」。2011年12月から、現在の商品名「アイスのチョコパイ」になりました。

パッケージは、CHOCO PIE のロゴはそのまま。本家のお菓子のチョコパイのデザインを踏襲したパッケージ。

カラーは白と黒のシンプルなデザインで赤色の”チョコパイ誕生30周年アニバーサリー”ロゴマークが刻まれています。「ロッテ チョコパイ」は、1983年に誕生し、多くの人に愛され続けるロングセラーのチョコケーキ。

その人気のチョコパイがアイスになった商品です。 意外と、”アイス版は食べたことがない”という人も多いのではないでしょうか?

テカテカに輝くチョコパイアイス!食べる前からおいしいの確定。

あ。撮影のために出していますが、実際に食べる時は手がチョコまみれになるので、袋から出さずに食べましょう。

容量は73ml。お菓子のチョコパイに比べると、チョコパイアイスの方が高さがあり、とってもボリューミー。

以前は、型崩れしないように厚紙(型紙)が入っていたのですが、現在は袋に直接チョコパイアイスが入っています。

甘くてくちどけの良いチョコレート。ふんわりとして食べごたえのあるブッセ。

そして、クリームをイメージしたバニラアイスがひんやりとして抜群に美味しい。

冷たいバニラアイスとブッセ(ケーキ)の組み合わせ・・・、たまりませんね!

外側のチョコレートもブッセとよく馴染み、一体感のあるバランスの良い味わいが楽しめます。

冷凍庫から出して少し時間を置いた方が、中のブッセがしっとりとしてふわふわになるのでおすすめです。

種別はラクトアイス。1個(73ml)あたりのカロリーは190キロカロリー。炭水化物は21グラム。

フレーバーは、今回紹介したバニラの他にも苺、カフェオレも販売されていました。

製造は愛媛県のサンタ株式会社。同社のHERSHEY’Sブラウニーサンドをはじめ、「 ホームランバー」のプレミアムシリーズなどもここで製造されています。

ロッテチョコパイのファンはもちろん、ケーキサンド系のアイスが好きな人におすすめです。

ただ、実際のクリームたっぷりのチョコパイと比べてしまうとギャップがあるので、別物として考えた方がいいでしょう。

アイスのチョコパイは、あくまでもアイスです。 アイスケーキを食べているような、ブッセとアイス、チョコレートのバランスの良い組み合わせは食べごたえ十分。

小腹が減った時や、朝アイスとしてもいいんじゃないでしょうか!

ロッテ チョコパイ30周年!ということで、お祝いの意味を込めて・・・おひとついかがでしょうか。^^

品名 アイスのチョコパイ ロッテアイス
購入店 ファミリーマート
価格 126円(税込)
種類別 ラクトアイス
内容量 73ml
成分 写真参照
エネルギー 190kcal
発売日 2013年1月22日
好みランク(5) ★★★★★ ※5段階(最高5つ星)。あくまでも個人的な評価です。
ひとことコメント まちがいない美味しさですね!

 

アイスマン福留 PROFILE

アイスマン福留コンビニアイス評論家/ (社)日本アイスマニア協会 代表理事。アイス好きが集うイベント『あいぱく』などを開催しています。著書:「日本懐かしアイス大全」(辰巳出版) 。今までの仕事実績はこちら。

●取材依頼・お問い合わせ等はこちらよりお気軽にご連絡ください。

◆twitter:iceman_ax

アイスは癒し。

懐かしいアイス投票

想い出のアイス投票(3つまで)

View Results

Loading ... Loading ...

twitter

facebook


Go Top